タグ:2011_G.W.旅行 ( 41 ) タグの人気記事

Paris:ようやく最終回~

今回の旅行記も、想定以上に長くなりました。
だらだらと書いてしまってすみません・・
e0206490_23423073.jpg

今回もいろいろな思い出ができました。
はじめてのアルザスとベルギーはもちろん、
パリにもいくたびに新しい発見があります。
e0206490_003761.jpg

大変なこともあったので、しばらくはゆっくりしたいな~
・・と思いながらも、また来年にはきっと行きたくなってると思います。
e0206490_011453.jpg

[PR]
by ma_journee | 2011-06-10 22:55 |  ❤フランス | Trackback | Comments(0)

Paris:Les Invasions Ephémères

マレで訪れた可愛いお店♪
e0206490_22595097.jpg

ステッカーの専門店『Les Invasions Ephémères

店内には私が大好きなエッフェル塔モチーフの小物がステッカー以外にもたくさん
今回買ったのは、こんなステッカー↓
e0206490_22471696.jpg

クリアケースとか、いろんなものに貼りつけて自分だけのエッフェル塔グッズをつくる
のが楽しみ♪
e0206490_22484373.jpg

店員さんは多分こちらのデザイナーさんだと思うのですが
お会計のときに、オンラインショップがあることを教えてくれました。
名刺もかわいかったので友達に配る用に3枚ぐらいもらった♡
e0206490_22522381.jpg

[PR]
by ma_journee | 2011-06-08 21:25 |  ❤フランス | Trackback | Comments(0)

Paris:boulangerie

16区のCartonにて、クロックムッシュを注文。
お昼時は大繁盛で、来るまでにものすごく時間がかかった・・・
e0206490_22191227.jpg

お皿からハミでんばかりのサラダ~!(いや、完全にハミでてる)
こうなると本体のクロックムッシュがしょぼく見えてしまう(笑)

でも、日本で食べるクロックムッシュとはまた違い、
(パンはもちろんきっとチーズやクリームが違うから)
しっとりとしていて味はとても美味しかった

因みに、クロックムッシュの付け合わせのパン(バゲット)も美味しくて。
(パンにパンって~(^_^;))

ずっと気になっていたりんごのパイとクロワッサンも買えました。
e0206490_21402827.jpg


Cartonの近所にあり、Cartonと人気を二分していると思われる
Becheにも訪れ、今回は16区を満喫した旅でした。

Becheの近くのお花屋さん。『au nom de la rose

e0206490_2149207.jpg

バラのお花の専門店。パリ市内にいくつも支店があるようです。
e0206490_2221208.jpg

素敵すぎてしばらく眺めてたけど、外から見ているだけでは物足りず、
店内も見に行きました。


ひさびさのタルティーヌ。具だくさん家族的雰囲気が温かいLe Pain Quotidienにて。
e0206490_22214622.jpg

7区の「BOULANGERIE DES INVALIDES」は、リヨンが本店なので
置いているパンが他と少し違って面白い

今回は、前回美味しくて気に入ったプラリューヌのパン、ショコラのパイ以外に
レモンクリームの入ったパイを買いました。
e0206490_2231201.jpg


行く先々で美味しいパン屋さんが出現するパリでした。。
[PR]
by ma_journee | 2011-06-06 22:12 |  ❤フランス | Trackback | Comments(0)

Paris:PIERRE HERME etc.

「PIERRE HERME」では、すみれの花を使ってるのがもの珍しく
見た目も美しかったので、こんなヴェリーヌを買ってみました。
e0206490_1344838.jpg

下はカシスのムース、まんなかは・・・確か、栗のムース(だった気が)。
すごく凝った構成になってました

今回、マレ地区にあるタルト専門店「Tartes Kluger」にて
タルトサレを食べようとかなり張り切ってたのですが・・
e0206490_1375829.jpg

食べたいタルトサレがなかったので(お肉を使ってるものばかりだった)
タルトシュクレを2種類買いました。(ショコラのタルトと苺のタルト)

苺のほう、かなり崩壊してます(アルザスに持ち運んだので・・)
e0206490_1383256.jpg

もちろん間違いなく美味しいです。ショコラはかなりしっとりで濃厚
苺の方はクリームが日本のと全然違って、、なんか美味しい。
あのクリームなんだったんだろうか。カスタードとは違う味がした気が。
因みにHugo&Victorの苺のタルトの時も同じことを感じた。

何より嬉しいのは、1カットのサイズが日本の2倍はある(笑)

引き続き、ショコラティエ2軒。
「JEAN-PAUL HEVIN」では、かなり目移りしてしまって・・
店員さんにひとつずつ商品の説明を受けながら最終的にコレに決めました。
e0206490_1402379.jpg

「Christian Constant」では、前から気になっていた「ソニアリキエル」が売り切れていて残念でした;

シンプルなので機内用にした。持ちこむ際に揺れたのか、プレートが陥没・・・
e0206490_140555.jpg


パリは大都会だけど、買ったお菓子を食べるのに最適な
広くてきれいな公園が点在しているところがよいです。


リュクサンブール公園
e0206490_1474752.jpg


ヴォージュ広場
e0206490_1481974.jpg


ベルティヨン@サンルイ島
e0206490_15343.jpg


今回、(これでも)思ってたよりは回れなかったのです。
他にも、いったことがなくて気になるお店はまだまだたくさん・・・

でも1度に回ってしまうともったいないので、今後の楽しみとして
とっておきたいと思います。
[PR]
by ma_journee | 2011-06-03 22:19 |  ❤フランス | Trackback | Comments(2)

Paris:La Patisserie des reves

16区にあるサロンドテ併設の「La Patisserie des reves」。
e0206490_1155952.jpg


”夢のお菓子屋さん”の店内の可愛さはいろんなところで書かれているので省略・・
で、、今回はバニラの香りが濃厚な丸いパンとシューを2種類購入。
シューは「ヴァニーユ(Vanille)」「キャラメル&とろけるキャラメル(Caramel et Caramel Coulant)」

e0206490_11747100.jpg

こちらが今回の旅行の最終日、一番最後に訪れたお店。
ホテル出発直前、シューのひとつを凱旋門の前で試食♪
e0206490_1202190.jpg

キャラメルのシューは、キャラメル味のクリームの中に、さらに生キャラメルみたいな
濃厚なソースが入っていて、かなり美味しかった~?!!

今回、パリ滞在時間が短かったため、こちらのサロンドテで
お茶できなかったのが、すごい悔やまれる・・・また絶対来たいです。
e0206490_1211023.jpg

[PR]
by ma_journee | 2011-06-02 01:24 |  ❤フランス | Trackback | Comments(0)

Paris:Hugo&Victor

今回もやっぱりパリのお菓子が最高と実感しました。

なかでも一番印象に残っているケーキはこちら。
Hugo&Vitcorの苺のタルト。
e0206490_1104350.jpg


タルト生地で三方を取り囲んでいるのが珍しいです。
e0206490_1113249.jpg

このクリームが美味しかった!!これまでどこでも食べたことのない味。
クリームとタルト台の間の苺ソースも美味~☆

それと表面にぱらぱらとかかっているレモンのすりおろしが
かなりいいアクセントになってました♪
e0206490_1124568.jpg

[PR]
by ma_journee | 2011-06-01 20:54 |  ❤フランス | Trackback | Comments(0)

België:Thalys

電車の写真撮るの大好きなので、、
今回も行く先々で、もれなく撮影会を実施。

パリ⇔ブリュッセルを1時間半で結ぶ、ベルギーの新幹線
「タリス」は今までみた電車のなかで一番かっこよかったかも

パリ北駅にて

e0206490_020912.jpg

これに乗るためにどんだけ走ったことか・・・
ブリュッセル到着が激しく遅れた→&1分1秒を争うなか、
それでも諦めきれずワッフルは買いにいった(笑)

ほうほうのていで乗り込んだタリスの車内。なんとなく優雅♪
でも、TGVのほうが座席が広くて快適な気が。
e0206490_0233736.jpg

朝ごはんが配られたけど(好きな飲み物と好きなパン選べる)
e0206490_0252459.jpg

味は・・・まぁ普通。

ブリュッセル駅にて執念でGETした最後のワッフルを味わいながらパリに戻りました。
次回、いよいよようやく最終回(?)。パリの美味しいものを紹介します。



◆電車コレクション

・パリ⇔ストラスブールを結ぶTGV(東線)
e0206490_027088.jpg


次はドイツまで乗ってみたい~

・アルザス内をはしる特急電車
e0206490_028195.jpg


・ルクセンブルク→ブリュッセル
変な外観~
e0206490_0285453.jpg

e0206490_0292355.jpg

外国での電車の乗り方にも、だいぶん慣れてきました。
[PR]
by ma_journee | 2011-05-30 22:21 |  ❤ベネルクス | Trackback | Comments(2)

België:Brugge

私のなかで「世界一、馬車の似合う街」に(勝手に)認定されたブルージュ♪
e0206490_002530.jpg

中世の街並みが素敵だったのに、気づいたら運河の周りの写真ばかり撮っていた・・;
e0206490_012143.jpg

運河クルーズもなかなか面白い☆午後は混むので(かなり並んだ)午前中がおすすめ。

ワッフル食べて、
e0206490_025859.jpg

チョコレート屋さんのウィンドウを眺めて、
e0206490_053735.jpg

憧れの「ムール貝の白ワイン蒸し(&フリット)も食べて満足。
(旬の白アスパラも食べたかったけど・・次回に持ち越し。)
e0206490_07554.jpg

メムリンク美術館は宗教的な展示物が多いので・・・訪れる時間帯は気をつけたほうがいいかも。。
e0206490_083481.jpg

[PR]
by ma_journee | 2011-05-29 22:29 |  ❤ベネルクス | Trackback | Comments(0)

België:Gent

ベルギーに着いて、翌日の午前中はサイクリング

午後からは、バスに乗ってゲントの観光に出かけました。
ゲントはブルージュとブリュッセルの間にある都市です。
e0206490_1236101.jpg

前にも書いたとおり、町全体が大改修中でとても移動しにくい&
駅前や道路はごちゃごちゃしてましたが・・・
e0206490_1238553.jpg

風景はとても素晴らしかったです。

大聖堂、教会は建物も立派だし、鐘の音色がいい感じなのです。。
e0206490_12374391.jpg

もっとひなびた感じ(がいい)町かと思っていたら、そうでもなくて
思っていたよりかなり都会でした。
e0206490_12363181.jpg




◆町の中心地への移動

「トラムに乗るとよい」と地球の歩き方に書いてあったがトラムの乗り場を探すのが大変だった。
(工事で乗り場の位置が変わってるので)
乗り場を見つけたあとも、どのトラム(何番線)に乗っていいか分からずしばらく悩んだ。

さらに乗ってからも、どこで降りたらいいか分からず
(駅名は分かってたけど車内アナウンスとかないし、路線図もなかったから
何個目の駅かというのもわからない→但し降りる人いなかったら止まらないので数を数えても意味無し。)

ただ、こちらのトラムに関しては、車内に次にとまる駅名が表示されているのを
発見したので助かった。

地球の歩き方の情報は薄すぎなので、体験談を投稿したいぐらい。
[PR]
by ma_journee | 2011-05-28 23:35 |  ❤ベネルクス | Trackback | Comments(1)

België:B&B

ルクセンブルクからブリュッセルを経由してブルージュへ。

楽しみにしていたB&Bはブルージュ駅からバスで30分ほどの
距離でした。バスは慣れないので着くまで本当ドキドキしました;

バス停を降りて、写真を手掛かりにB&Bを探して、、

発見~
e0206490_22512434.jpg


オーナーのPolとKathleenに温かく迎えてもらって、
お部屋を案内してもらい、あまりの可愛さにうっとり~❤
e0206490_22564433.jpg

私の撮影テクニックではあのおしゃれさが全く伝わらない、この写真・・・

とにかくセンスのよさがあふれまくったお部屋(というか家全体)に
テンションあがりまくりでした❤
かわいいだけじゃなくて、広くて清潔で本当居心地が良かったです。
e0206490_22584945.jpg

朝ごはんも、本当インテリア雑誌から抜け出したようなコーディネート。
優雅な音楽が流れるなかいただくパンとジャムはKathleen、ハチミツはPolによる自家製♪
そしておかずは毎朝違うものがでてくる!
(もちろんお洒落な盛り付けで←しつこい(笑))
e0206490_231517.jpg

Kathleenは毎朝7時頃に、これまた雑誌から抜け出たような超素適ないでたちで
バスケットもって出かけて行ったので、どこぞのおしゃれなピクニックかお茶会に
出かけるんだろうなと思ってたら、出勤だった!あんな恰好で仕事いくのか?と心底びっくりした。)


朝ごはんの用意とか、話し相手はPol。Polはもともと学校の先生をしていて
その後はブルージュのガイドをされていたそう。とても親切で世話好きな方です。
どこどこへ行く、って言ったら、これでもかってぐらいガイドブックだしてきてくれます。
Kathleenはブルージュで働いてるって言ってました。Kathleenも
すごい綺麗でほがらかで(むしろ笑い上戸?)めちゃめちゃ親切です!

広大な庭
e0206490_2313848.jpg

散歩させてもらいました。ここでハチミツが作られてるのか~。

↓泊まってた部屋から眺めた庭
e0206490_2313421.jpg

こちらのB&Bも町の中心から離れていて、観光には不向きかもしれないけど
バスも通ってるし(ただし1時間に1本ですが・・・でも安い。)
ホテルでは味わえない良さがたくさんあるので、おすすめです♪

B&Bのアドレスです。
一部屋一泊65ユーロでした(素適な朝食つき☆)

Bed & Breakfast "De Luchtreiziger"
Staatsbaan 99
9991 Adegem (Maldegem)

e-mail: info@deluchtreiziger.be


◆バス事情

車内アナウンスはないし(あってもオランダ語分からないけど)
降りるベル押さなかったら、びゅんびゅん停留所過ぎていく。
→おすタイミングは景色で判断するしかないので、
はじめて来た旅行者にはなかなか厳しいバス・・・

(電車もバスも日本のアナウンスがいかに過剰かを痛感。
到着時間、乗り継ぎ案内、それ以外にも押しあわず順序よく、
とか席を譲れ、とかドアに触れるなとかあたり前の車内マナーも
いちいち流れるし・・・)

今回私は終点で降りる場合以外は、毎回、運転手に
おりたい停留所の名前を書いた紙をみせて「着いたら教えてほしい」と頼みました。
(結局、何回乗っても景色では判断できなかったし・・・)
さらに、忘れられたら嫌なので運転手さんの見えるところに座るようにしました。

どの運転手さんも忘れることなく、きちんと教えてくれたし
一度は、運転手さんとず~っと話しこんでた乗客のひとりが
B&Bの家まで送ってくれたことも。(なんとB&Bのオーナーと友達だった)
私が見せたノートにたまたまB&Bの住所が載ってて、それで分かったみたいです(^u^)

ベルギーのバス運賃は、車内で買うと割高なのですが
大きい駅(ターミナル等)以外は自動券売機ないので、仕方ないとわりきりました。

[PR]
by ma_journee | 2011-05-26 23:56 |  ❤ベネルクス | Trackback | Comments(0)

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪


by kana