人気ブログランキング |

BIGBANGソウルコン日記⑦2日目:スタンディング奮闘記♪

2日目のスタンディング観覧についての感想です。


一言でいうと「壮絶だったけど、今から思うと楽しかったからまた行きたい」です(笑


e0206490_12344942.jpg

他の方の体験談から、事前にある程度のイメージとシミュレーションはできていたと思っていたのですが、想像以上でした!!

あれに比べたら、山手線ラッシュなんか楽なものだと思います。


とにかく押されまくりの絶叫カオス状況で、帰ってきてから1週間になりますが、今もまだ腕に傷とあざが残っています。


そして、こちら↓の王冠ペンライトがコンサート開始直後に破壊されました(爆


e0206490_12335688.jpg

厳密には、コンサート開始前、メンバーがステージに登場する直前の

瞬間最大圧縮率

のタイミングで壊れました。

ペンライトの黄色い部分が丸々とれたのですが、残りの部分は凶器になると思ったのと、そんなゴミ(←もはや)を持っているスペースさえなかったので、躊躇せず地面に捨てました!!

終演後一応拾おうと思って人がはけるのを待っていたのですが、床には粉々になったペンラがいくつか…


お友達にかわいくキラキラデコしてもらったペンラだったので、すごい悲しいです~。。


過去の体験談で「ペンラの先が飛んできた。どうやったらそんなとことれるの??」って書いている人がいたのですが…とれるんです本当に。。


♪♪♪


今回学んだことのひとつとして、今後はソウルコンにはペンライトは持っていきません!!


私はステージ開始前に壊れたから結局一度も振ることはなかったけど、あの形は激しく邪魔だし危ないと思います。

それに、あんなもの(←言い方)を持つ余裕があるなら、私は迷わず水をもう一本持ちます!


あとは、Xツアーのときのタオルを首に巻いていたのですが、それも開始後すぐにどこかにいってしまいました。


私が必死に守り抜いたものは、一度は床に落ちたGDスローガンとテソンの誕生日バナーです。

e0206490_12471930.jpg


なお、同行の姉様も同じく早々にペンライトが壊れ、フラッシュリングを2個失いました。

ちなみに私はフラッシュリングは絶対やめたほうがいいと進言していたのですが・・・

あれも凶器になりえると思います。

♪♪♪


服装についてです。

私は『ウエストポーチに携帯とお金直いれ。水はウエストポーチにひっかけて、ペンライト手持ち。ノーアクセで足元はスニーカー』という、完全な韓国ペンスタイルで出かけました。


日本のコンサートに来てる人は荷物めちゃくちゃ多くて衣装←も凝ってるイメージですが、韓国ペンは…普段着です。そして荷物はほんとにペンラ一本手持ちのみで来てました!


余計なものは一切もたないほうがいいと思います。とりあえずめっちゃくちゃになります。。


ちなみに、当日会場でテソンのバナーが増えたことは想定外でしたが、”余計なもの”ではなかったので、死守しました^^

e0206490_22391796.jpg


今回、地下鉄で「人生であんなに足を踏まれたことはない」と話している日本人ペンがいました。ヒールは論外ですが、スニーカーでもお気に入りは履いていかないことをおすすめします。。

あと個人的には、スニーカーの靴ひもを踏まれて怖い思いをしました。靴ひもは絶対ほどけないようにしておいたほうがいいです。

髪の毛がじゃまな人はたくさんいました。

私は前の韓国ペンの髪の毛がめっちゃじゃまでムカついていたので、その人が首にかけてたタオルで勝手に髪をまとめてしばらく掴んでやりました~!!

そんなことをしても全く気付かれる状況ではなかったのですが。。ただこっちも疲れるので、今後は髪をまとめるゴムを持っていって周りの人に配ろうと真剣に思っています(爆


♪♪♪


開始前からホットヨガスタジオ状態のスタンディングエリアで、一番重要なアイテムは、ペンラではなくて水だと思います。


砂漠探検隊かと思うぐらい必死に水分補給しました。飲みたいときに飲める保証がないので、飲める隙ができたときは一口でも補給するように心がけていたおかげで、最後まで倒れず持ちこたえることができました。


途中、上述の”髪の毛じゃま女”が、私が手に持ってたペットボトルを指差して何かを必死の形相でまくしたてきたんです。


ハングルわからなかったし、「もう一本あるならちょうだい!」っていう風に聞こえたから(見るからに数口分しか残ってなかったと思うし…)、申し訳なさそうに「NO~」って言ったら、すんごいがっかりされた。

けど、速攻で別のひとに声かけてそのひとから渡されたペットボトルをグビグビ飲んでた(爆


私が心狭くて、一口でも分けてあげられなくて、ほんとにミアネヨ~って思ってたけど、正直「渡さなくてよかった」と心底思いました。

あんな暴飲されたらこっちが死んでしまうわ!!!!!


♪♪♪

と戦場さながらの様子をお伝えしたわけですが、ここまで壮絶なスタンディングエリアを選ぶ理由は、ひとえに


e0206490_12380442.jpg
(※拾い画です)



この近さにあります。


入場は整理番号順ですが、「ある程度は自分の意志で」前のほうにいくことができます。

私は某ファンサイトさんから「xxx番までなら最前いけるよ!」って教えてもらっていましたが、自分の整理番号は桁が違ったので絶望していました。それでも最終的には、Maxで5列目ぐらいまでいけました^^


今回は最初は頑張らず、前に向かって押される波にもあえてのらず、その場を死守してアンコールに備えた作戦が良かったと思います。

e0206490_12375000.jpg

(※拾い画です)


アンコールはほんとに近くに見えました☆☆☆☆☆


ただ、ジヨンジヨン叫んだ割に、全然見てくれなくて、なんだよおい!!ってムカついてたら代わりにスンリが目の前に仁王立ちしてて


「うわちょっとスンリ、メイク濃すぎてやばいんだけど」と思った

…というのが、コンサートを通しての一番の鮮明な思い出です(なんじゃそら


場所については、入場~コンサート開始後30分ぐらいを耐えられるかどうかにかかっているんじゃないかな?って思います。

そのタイミングで離脱していく人が一番多かったです。明らかに自分より体力のありそうな若い子たちもいっぱい抜けていきました><


抜けていく人たち…ほんとにすごい顔していました。私もしんどくなっても抜けられる自信がなくて、それが一番不安でした。。


ニュースとかドラマとかみててもいつも思うんですけど、韓国の人って、感情表現がとっても激しくて。
押されるたびにハングルで「押さないで~!」みたいな悲鳴とか怒号がすごいんです。


コンサート開始前の入場時の圧死地獄のなかでは肉体的にもつらかったんですけど、耳元でギャーギャー騒がれることが結構つらかったので、今度は耳栓でも持っていこうかな~と思います(笑


♪♪♪


そんなこんなで、大変な思いはしたものの、臨場感はすごいしメンバーは近いし、当時は「ちょっとこれはもう無理だわ」って何回も思ったけど、今となればなんか、のど元すぎればなんとやらって感じで、また行きたい!って思っています。


スタンディングエリアには、入場した時点から後ろのほうに控えている人もいっぱいいました。

でも私だったら、それ中途半端でもったいないと思っちゃいます。それだったらステージ構成も一望できて、演出もパフォーマンスもまんべんなく楽しめるスタンド席にします。


スタンディングってステージが近いのは近いけど…ほんとにそれだけなんですよね!!!←おい


暑いし、痛いし、パフォーマンスとか集中できないし、全体みえないし、下手したら人の頭と、ペンラと、あと無数の違法カメラスクリーンさえ見えないし。

誰々キタァ~!!みたいなピンポイント的な喜びと、あのカオスな雰囲気を楽しむ場所を楽しむところだと私は思ってます。


e0206490_12381402.jpg

(※拾い画です)


ただ日本でさんざん会ってるしあと同じ曲ばっか聴いてるので(爆)、ソウルコンではそこが一番求めているところでもあるので^^


次も体力をつけて参戦したいと思います!

なお、ソウルコンのスタンディング入場ルールについても、現地にいってから迷わないように事前に情報収集しておくことをおすすめします!今回おもったほど日本語できるスタッフいませんでした~。

e0206490_12343808.jpg


e0206490_22360566.jpg

ちなみにテープは無愛想なものでした。。


by ma_journee | 2015-05-04 17:24 |  *韓流

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪G-DRAGON❤︎


by kana