人気ブログランキング |

BIGBANGソウルコン2日目③豪雨で大混乱のスタンディング行列で人助けをしてみました♪

では、韓定食ランチからオリンピック公園に戻ってきたところからです。

外は恐ろしい豪雨となっておりました゚(゚´Д`゚)゚

地下鉄階段の途中でも、怪しいカッパ(なんか変な色付きのやつ)を売る怪しいアジョシとかがいっぱいいて、カオスでした。

カッパだけではしのげなかったので、結局傘もさしましたが…

e0206490_22391705.jpg

ほんとにもう、、寒いわ濡れるわでさんざんでしたヽ(;▽;)ノ

*

今回、スタンディング入場について(国籍問わず)知らない人がたくさんいることがわかったので、改めて整理しながら書いてみたいと思います。

~ざっくりした流れ~

①自分の区域のリストバンドをもらい、手に巻く。
②自分の区域&整理番号の列を探して並ぶ。
③整理番号順に並び、ひたすら待機する。
④周りの人が番号をうかがってきたらチケットを見せてあげる。
⑤入場がはじまったら横入り禁止。
⑥誘導に従い、建物の入場ゲートまでぞろぞろ歩く。
⑦入場ゲートについたら、自分でちぎった半券を係り員にあげる。
⑧会場入口までの通路も、ある程度の秩序を保ってぞろぞろ歩く。
⑨会場に入った瞬間に、迷わず目的地を決めて猛ダッシュする。

~詳細~

入場の2時間前~1時間半前を目安に整列がはじまります。
(合図とかは特にオプソヨ)

整列の前に、まずリストバンドをもらいましょう。

e0206490_23004739.jpg

自分の区域のリストバンドのテントにいって、チケットを見せます。

チケットの右のほうのパンチは引き換えのしるしです。

リストバンドをもらったら、すぐに手首に巻いてください。

なくしたら多分死亡です!!

*

リストバンドの引換も行列です。フラッと行ってポイっともらえるわけじゃないので、時間配分に注意が必要です。

※ちなみに、間違えてる人たくさんいたけど、入場の行列とは別ものです!

リストバンドのテントの場所までは、下の地図にのってませんでした。



e0206490_22423255.jpg

この地図には、区域ごとの入場列の(だいたいの)場所が書いてあるので、その付近でリストバンドのテントを探してください~。



*

行列に並んでる多くの人はわけもわからず並んでます。

並んでる人にこれ何の列?って聞いたところで、わかる答えが返ってくる可能性は相当低いです。

でもノリで並ぶとろくなことがないので、ちゃんとわかってるひとに聞いたほうがよいと思います。

ちなみに、スタッフは思ってる以上に少ないです。

いたとしても日本語できる人かなり減ってます…。

さらに、この日は豪雨だったので、傘があったり混乱してたりで、行列がウネウネしていて、どこから何の行列がはじまってて、どこが最後尾とか全然わかりませんでした…

とにかく何をするにも時間がかかります。

よって、行列時間を短くするために、遅くに会場入りするのは危険な気がします。

*

今回、

リストバンドにはTOPしか印刷されてない。
TOPが最後だからだ!!

みたいなまことしやかな噂が流れました。

実際、前日(1日目の公演)の帰りの電車でみたリストバンドは、

何色かみたけど(区域によって色が違う)

確かにぜんぶTOPに見えました。

でも安心してください…

e0206490_21072350.jpg


おすんもいるよ。



*

リストバンドがもらえたら、次に、自分の区域&整理番号の列を探します。

ポイントは、自分が並ぶべき立札を最初に見つけることです!!

これ↓が立札です。

例)E区域の整理番号1~200番

e0206490_20571611.jpg


これを探してから、先頭から順番に自分の整理番号までくだっていくのが正解だと思います!

それ以外のやりかたで、自分の列を見つけるのは至難の業な気がします…。

見当もなく、行列に出会うたびに、これ何の列?と聞きまわる(※)のは相当非効率です。

※こういう人をたくさんみました。。

*

行列は200番ごとにできていました。

他のソウルコンも同じ感じのはずです。

ちなみに、E区域では、1~200、200~400、400~600と隣同士で3列できてて

それ以降は全然離れた別の場所に、600~800、800~1000、・・・と列ができてました。

(おそらくスペースの都合上。)

*

私は200番ちょうどでした。

つまり、1~200の列の最後尾のはずでした。

でも、ほんっとにたくさんのひとが後ろに並んできましたヽ(;▽;)ノ

そのたびに、間違いを教えてあげたという次第です。

「整理番号順に並べることを知らず、後ろに並んじゃった」なんて人はほぼおらず、

列をおもっきり間違ってる人が大半でした。

※1000番台の人とか、そもそも区域違うとか。

後ろに人が並ぶたびに、違いますよって教えなきゃいけないし

その人が並ぶべき行列のところまで誘導してあげたり。。

結構人助けをしたと思うんです私…。

だってスタッフが全然やってくれないからヽ(;▽;)ノ

スタッフは、決まった人がちょこちょこ現れましたけど、

私がしっかりと最後尾をキープしているのを見届けると、毎回、「OK!」と私の肩をたたき、

満足気な笑みを浮かべて、またすぐにどっかいっちゃうっていう…

*

整理番号ごとに並ぶんですよ~って教えてあげたら

え?整理番号て何??
そんな番号知らない。

とか言ってる日本のかたにも何組か出会いました。。
(中国人にもいた)

スタンディングは、「整理番号がすべて。整理番号が命」だというのに~~

逆にその番号にとらわれてないおおらかさ(?)が羨ましかったです(爆

*

入場の時間になったら、さすがに例のヨジャスタッフが戻ってきて、ぴっちりと私の後ろに張り付いてくれました。

そのままぞろぞろと入場口にすすみます。

ほんとにおもむろに前進がはじまるので、いったん行列に並んだらよっぽどのことじゃないかぎり、その場を離れないことをお勧めします。

前進がはじまってからだと、整理番号がいくら前でも横入りはできないです。その列の最後尾に回されます!!

*

この日、入場口では、みんな雨ガッパとか傘を捨てていきました。

だからすごい、カッパと傘の山ができていて圧巻でした!!

私も、さらのカッパを捨てることに抵抗がありましたけど、とてももって入れる状況じゃないと思ったので捨てました。。

ということで、今後雨のソウルコンに参加されるかたは、おきにいりのカッパとか傘をもっていかないことをおすすめします。。

*

入口では、スタッフに事前にちぎっておいた半券を渡します。

整列していて入場が近づいてきたタイミングで、スタッフが「半券は自分でもぎれ」的なことを叫びはじめます。

が、個人的には、あまり先にちぎると無くしそうで怖いので、入場口でちぎって渡せばいいと思ってます。

*

荷物検査はないです。

入場チェックは超あっさりです。

何も見てないです。半券わたして終わりです。

※ただ整列の最終段階で、スタッフが先頭からがっつり整理番号を確認しにきます。それで出来上がった行列で前進する感じです(そのタイミングで横入りngとなる)。

*

建物にはいったら、しばらく通路を歩きます。

このあたりから、整列は崩れ、かなりざっくばらんな適当な感じになります。

ただし、走ると、怖いオッサンとかお姉さんに怒られますので大人しく気持ちだけ焦って歩きましょう=3

止められると余計ややこしいことになるので、ここは絶対走らないほうがよさそうです。

*

会場内に一歩足を踏み入れたら

(別に推奨はされてないでしょうが)一目散に走る~~=3

みんな猛ダッシュすごいので、モタモタしてると一瞬のうちに行き場を失います。

ある程度いいところでみたいんだったら、迷わずターゲットを決めて走りましょう!!

*

今回わたしたちは、右のムービングステージ前を確保しました。

e0206490_21553579.jpg

センターに寄ると命の危険があることを前日に悟ったからですw

e0206490_23503871.jpg

そして横位置的には柵近(通路ありのところ)をとりました~。

e0206490_23512286.jpg

柵チカはほんとよかったです・・・

柵と柵のあいだにできた空間により

呼吸ができるからです!

前回(4月)は呼吸ができず死ぬかと思いました(´;ω;`)

ただ、柵チカのまわりには常に…

e0206490_23523753.jpg

こわいオッサンがまとわりついてて、若干ジャマっていう…

このオッサン↑は怖かった~。

ファン相手でもお構いなしに、「押すな!」って、すごい剣幕で怒鳴り散らしてました。

なお、前方は主に被害者であり、怒られてたのは後から入場してくる人です(すごい押してくる)。


e0206490_23552370.jpg

一方、↑このおじさん(×オッサン)は割とフレンドリーでいい人やった。

「北風と太陽」の話でいうと、

e0206490_23523753.jpg

このオッサンは北風で

e0206490_23552370.jpg

このおじさんは、太陽です。

*

太陽さんは、みんな押すんじゃないよ~~押すんじゃなくてペンラをふるんだよ~~って、ペンラを振るジェスチャー付きで、一生懸命、観客のご機嫌をとってましたw

太陽さんは「韓国ファンは~???」って聞いて、は~いって手を挙げたひとたちに向かってなにやら一生懸命(ハングルで)話してたんだけど、

姉様によると、「外国からきた人には説明が通じないから、君たちが手本になってちゃんとうまくやるんだよ~」って諭してたらしいです。

ネ〜〜〜〜♪(は~~~い♪)

と元気よく返事してた韓国ペンの皆様でしたが。



案の定、近くにいた韓国ペンが結構すごくて、終盤、姉様と激しくもめてたわ(爆

※韓国ペンは基本、気性が荒い系。

我が姉ながら、あの状況は結構きまずかったですね( ;∀;)

そんなこんなでいろいろありましたけども

長くなってしまったので、実際の公演時の様子は次の記事でレポしたいと思います♪

e0206490_00070841.jpg


by ma_journee | 2016-03-29 18:26 |  *韓流

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪G-DRAGON❤︎


by kana