人気ブログランキング |

ジヨコン福岡の旅:2日目①呼子イカ道中~移動編~♪

旅行2日目は足をのばして、佐賀の呼子にイカを食べに行きました。


e0206490_16320602.jpg


九州二日目は1日フリーだったので、少し遠出をしてみようと思っていました。

事前に候補に挙げていたのは下記3箇所です。

①茅乃舎本店ランチ
②糸島ビーチ
③呼子でイカ

どこも不便だったので、電車でどうにかなる③にしました。

ちなみに、(電車でどうにかなるところとして)「志賀島で金印鑑賞」案も考えましたが、他と比べて退屈そうなので却下www

*

呼子tripはとても楽しかったです。

半日tripとしてちょうどよかったと思いますし、おいしいイカを食べられて満足です。

アクセスについては、ガイドの案内がこれ程度なので…↓



e0206490_16340816.jpg



都会の人向けにw少し詳しめに、旅程をたどってみたいと思います。


*

9時ごろホテル最寄り駅の博多駅をでて、いったん地下鉄で福岡空港に荷物を預けにいきました。


帰りの時間が心配だったのでホテルに置くのをやめてそうしたのですが、これは結果的に正解でした。


そして福岡空港から地下鉄で「唐津・姪浜方面」に向かいます。


本当は西唐津行きの『快速』に乗れたらよかったのですが、時間が合いませんでした。


e0206490_16350033.jpg


それは1時間に1本もないぐらいので、それに乗る場合はよっぽど時間調整したほうがよさそうです。


e0206490_16364265.jpg


われわれは『普通』に乗ってまず姪浜まで行き、姪浜でJR線の「西唐津行き」に乗りました。


e0206490_16344043.jpg


もう本当にガラガラのローカル線という感じで、糸島に行くときに使う「筑前前原」駅ぐらいまでは人の乗り降りもありましたけど、それ以降は全くW


e0206490_16362512.jpg


ドアは手動でしたけど、私たちの車両は私たちが下りた「唐津」まで1回も開きませんでした~。


e0206490_16351348.jpg



そんなすごくのんびりした雰囲気のなか、窓から海の景色をみたりする時間がすごく心地よかったです。


e0206490_16352577.jpg


地下鉄線内は1日乗車券があったので、JR分を車内で精算したのですが、そんなのも昔はやっていたけどここ最近なくて、すごく懐かしいというか…


e0206490_16353769.jpg


*


10時半前に唐津駅で降りました。


ガイドブック通り、博多から1時間半ぐらいで着きました。


e0206490_16355624.jpg


ここからはバスに乗って呼子に向かいます。


e0206490_16361190.jpg


駅前にバスターミナルらしきものはありますが(↓)、ここからは呼子方面にいくバスは出ません!


e0206490_16370325.jpg


「大手口バスセンター」というところに行く必要があります。


駅から5分強歩かないといけなくて、駅からその建物は見えません。


ガイドブックやネットでは「大手口バスセンターから呼子行きのバスに乗る」としか書いてなくて、不安だったので確認しながら行こうと思い、駅の観光案内所に行きました。


さすがすごくほしい情報が整っていて親切に教えてもらったので、ぜひこういう機関は有効活用したらいいと思います。


ここではバスセンターへの道を教えてもらい、地図や時刻表をもらいました。


バスセンターは新しく立派な施設でした。


e0206490_16372565.jpg


ここで、福岡空港や博多までのバスが出ていることをしり、帰りはそれに乗ろうということになりました。


なぜなら、行きの電車は「快速」にのれなかったことで、途中の駅(姪浜)で電車待ち時間が発生したからです。


e0206490_16373975.jpg


その待ち時間が30分とかになってくる可能性もあり、時間にあまり余裕がなかったため、それは危険だなと考えました。


バスであれば、向こう(呼子)を出る時間をしっかり決めておいて、乗り継ぎも考慮できると思いました。


ということで帰りは

呼子⇒(バス)⇒大手口バスセンター⇒(バス)⇒福岡空港(or間に合わなければ博多)

に決定!

『水曜どうでしょう』ばりに、地図と路線図と時刻表を穴があくほど眺めて…

時間の試算をして、帰りの計画を練りました。


e0206490_16375577.jpg


こういうのは本当に…ヨーロッパの田舎旅をしばらくしていないから本当に久しぶりで新鮮でしたけど、なかなか緊迫感がありました。


念のため、失敗した場合のリカバリプランもひとつぐらいはもっておくと安心です。


*


なお、バスの乗り方(お金の払い方)ですが、行き(大手口バスセンター⇒呼子)は、バスに乗る前に券売機で切符を買う必要がありました。


ただ、帰り(呼子⇒大手口バスセンター)は、「バスを降りるときに払ってください」という仕組みとなっていました。


↓呼子発着所


e0206490_16381049.jpg

*


行きはちゃんと時間の計算ができていなかったので、呼子行のバスを30分ぐらい待つことになりました。


バス本数はあまりないです。


その間に帰りのことをいろいろ考えることができたのでよかったですが、本当は時刻表などはもっと事前に調べておくべきでした。


ただ、やはり現地にいってみないとわからないことも多々あり…


実は事前にバス会社に問い合わせメールを送ったりしてたんだけど、結局返事は返ってこなかったこともありました。


HP自体、今時なかなかみかけないような古風なつくりだったし…( ;∀;)


現地で確認しながらというのもひとつかなと思いましたけど、こういった田舎にいく場合はちゃんと時刻表はみておかないと本当に帰れなくなってしまうので要注意だと思いました!


e0206490_16392827.jpg


*


呼子行きのバスが来たら、どこからともなく人が集まってきて、結構いっぱいになりました。


e0206490_16385902.jpg


韓国人とか中国人の観光客もいました。


e0206490_16404811.jpg


30分ほどバスに乗って、呼子に到着です。途中のバス停にはこれまたほとんどとまりませんでした!


e0206490_16391333.jpg


バス料金は750円ぐらいでした。


呼子のバス停はこんな感じです。


e0206490_16395943.jpg


ガイドブックによっては”呼子発着所”と書かれています。


e0206490_16411188.jpg


私はそれが、呼子というバス停なのか、別のものなのかを知りたくて、バス会社に問い合わせていましたが、結果として同じだったということです。


e0206490_16413184.jpg



では次に、イカ丸体験を書きます♪

by ma_journee | 2017-08-23 16:43 |  *国内

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪G-DRAGON❤︎


by kana