人気ブログランキング |

2019年 03月 06日 ( 1 )

ダナン一人旅☆1日目①波乱の旅立ちとプロパガンダの衝撃♪

2/25~3/1ダナン旅行の日記です♪


e0206490_20483430.jpg

e0206490_20482919.jpg



*


1日目、ベトナム航空VN337便で関空からダナン空港へ出発しました。


航空券は税とかもろもろ込みで58,530円でした。


…安いかどうかは分からないです。


でも旅行金額全体としてみた場合は少なくともツアーより安かったはず。。



e0206490_22553300.jpg




もともとは関空9:30発、ダナンには13:00到着の予定でした。


ただ、結局飛行機が関空を飛び立ったのは10:40…(゜-゜)


到着もちょうど1時間ぐらい遅れました。


何があったかというと、搭乗後約1時間ぐらい機内で何語の説明もなく待たされたのです。


どんどん暑くなる機内で、乗客も怒り狂ってて変な空気に…(/ω\)


多分羽田便だったらこんなことはないだろうなとは思ったけど、関西人ってめっちゃ分かりやすく怒るので怖いのです。


まだ日本なのにあまりにも機内が暑く、冷房を強めるよう乗務員にお願いしても全然効かなくて皆ぐったりしてました。


⇈飛行機がエンジン切ってたからと思われる。。


そもそもベトナム人乗務員しかおらず、ほぼコミュニケーションできてませんでした。


なぜなら関西人はどこでも関西弁でしゃべり通すから!


私もトイレに行きたくならないように水分を我慢していたので、脱水症状になるかと思いました…(゜-゜)


こういうこともあるならこれからは気を付けようと思いました。


やっぱりなにごとも無理しすぎはよくありません(/・ω・)/


*


この日はどうやら別便の振替客の搭乗をずっと待っていたようです。


だったらさっさと(日本語で)それを説明すればよかったのに(/ω\)


ちなみに関空でホーチミン行きの飛行機がなくなったぽい案内が出てたので、それ関係かもしれません。


ダナンの空港についたらホーチミン行きのお客さんが集合させられているのをみました。


…自分が乗るはずだった飛行機がなくなるとほんま最悪すぎる~


そんなわけで予定より1時間遅れの現地時間14:00ごろにダナン空港に到着、明らかにやる気のない職員によるダラダラとした入国審査をへていよいよダナンの地に降り立ちました。


e0206490_22553316.jpg


そしてダナンはやっぱり…暑かったです!!


空港に着いたとたん、もうこれは半袖短パンでいいレベルだなと悟りました。


3月頭は日本の7月ぐらいの暑さのようです。


*


空港からはタクシーでホテルに向かいました。


この日は既にランチも予約していたので、到着が遅れたことでランチのお店に直接向かうか悩みぬいた結果…


やっぱりホテルに荷物を置いてから出かけることに決めました(/・ω・)/


タクシー乗り場ではガイドブックにならい、誘導係に従いました。


ベトナムのタクシー情報はとても重要です。


今回一番念入りに調べていきました。


ただ、空港では誘導係にしたがうほかはない&それで問題ないと感じました。


空港で私が案内されたのはマイリーンTAXIでした。


誘導されて歩く間に行き先を告げると「20万ドン」と値段を申し渡されましたが、降りる時にはじめて言われるより良いです!


ちなみに20万ドンは約1000円。


ドンから日本円に換算するには、ゼロを3つ取って5をかけると覚えると簡単です。


20万ドンは200と書かれたお札一枚です。


タクシーのメーターも下3桁が省略されて表示されているので、そのまま5をかければいいだけ( ・∇・)


その後の街中でのタクシー移動のことを考えると、少し高いかなと思いましたが、まあ空港タクシーなので仕方ないです。


(日々、ミーケビーチ沿いからハン川あたりまで出かけるのに60〜70ぐらいだったのと、あとはホイアンまでの往復が500だったことを考えると、高いなと…)


行き先については、旅行を通して全行程、ベトナム語の住所を準備して運転手に見せました。


それで何も問題はなかったですし一番確実な方法だと思います。


*


ダナンでの移動は基本的にタクシーと考えてよいと思います。


私はどのガイドにも書かれていた通り、マイリーンTAXIかヴィナサンTAXIに乗るようにしました。


そしてこれもガイドに書いてあった通り、偽物のヴィナサンTAXIも実際見かけました。


見分け方とか、タクシー乗車時の注意はガイドにいろいろ書かれているのでよく読んで備えるべきです!


*


ダナンは、空港から市内が15分ぐらいの距離で近いというのがひとつ特徴的だと思います。


空港をでてしばらくすると、視界にデカデカとしたプロパガンダ的看板が目に入りました。


そういうのを生でみるのがはじめてだったので、自分なりになかなかの衝撃をうけたと思います。


正直、最初はギョっとしました。


社会主義の国に来たんだな~と思って(/・ω・)/


そういうので連想されるもの(国)もあるし最初は正直、やっぱなんか怖いなと思いました。


が、その後旅行するなかで特段そういった面での怖さを感じることはなく、そういう風景にも次第に慣れました。


赤いリボンを首に巻いた子供たちを目にした時もこれまたギョっとしましたが、子供たちも普通に屈託のない感じだったので、その後はあまりなんとも思わなくなりました。


そんなカルチャーショックを軽く感じつつ、空港から20分程で宿泊先のホテルに到着です♪


ホテルというより「ゲストハウス」という表現がしっくりくるのですが、今回の宿泊先について次に紹介してみたいと思います。


☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆

instagram♪

Instagram


☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆



by ma_journee | 2019-03-06 23:04 |  *アジア

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪G-DRAGON❤︎


by kana
プロフィールを見る