人気ブログランキング |

カテゴリ: *フランス( 106 )

昨日はいろいろあって日記を書けなかったので一日遅れです。

ビアリッツ二日目の朝も大雨でした~;;

朝開店と同時に、昨日もきたサロン・ド・テ「ミールモン」へ。。
荒々しい海を見ながらの朝ごはんです。

こちらにも朝食セットはあったのですが、
やっぱりジュースが邪魔だったので・・・

ショコラショーとクロワッサンを単品で頼みました。
セットよりも安くついた。これはいいことを思いつきました!

とろりと濃厚なショコラショー。ほんのりと酸味があるような。。
e0206490_1451119.jpg


おおぶりのクロワッサン!外がぱりぱりの中しっとり系。
朝食セットにはバターとコンフィチュールがついてくるけど
どちらもいらなくて、ショコラショーと交互に食べるとちょうどいい♪
e0206490_14523515.jpg


どうしても食べてみたかった「ガトーベレ」も。
ベレー帽を模したバスクの名物お菓子です。
バスクはスペインからチョコレートが伝わった土地なのです。

あれ??チョコスプレーが全体についてない;;
e0206490_14544792.jpg


チョコ好きの私としては、大変気になる存在だったのですが
思っていたよりも、かなり

濃厚

でした!中は、ふわふわのチョコレートムース♪と
想像してたのですが(そう何かで読んだこともあり)

ねっとりとしたチョコクリームのようでした。
e0206490_1459255.jpg

ただ、やはりチョコレートの質がよいからかおいしいです。

ところどころにサクサクとした食感のパフのようなものが
入っているのが、いいアクセントになって
(甘さも和らげてくれて)よかったです。

それほど大きくはありませんが、時間をかけて
(クロワッサンに塗ったりしながら・・・)ちびちび食べました。

ガトーバスクと同じく、ガトーベレもいろんなお店で見かけたました。
お店によってきっと味も違うのだと思います。

「ミールモン」は朝早くから続々と人が集まってきて
あっという間にいっぱいになってしまいました。

お店のなかはクラシカルな雰囲気でいかにも老舗の
サロン・ド・テという感じでした。

ショコラショーとガトーベレで朝から血糖値あがりまくりの
三日目がはじまりました。

この後、悲劇(?)がおこります・・
by ma_journee | 2012-05-01 15:03 |  *フランス
ビアリッツで有名な老舗サロン・ド・テの「miremont(ミールモン)」。
e0206490_17582421.jpg

翌朝の朝ごはんはココって決めてたので、下見に行きました。

お菓子だけかと思っていたら、おいしそうなタルトサレがあったので
ばんごはんに買いました。
e0206490_1759549.jpg

キッシュロレーヌなど全部で3種類くらいありましたが、
スペイン風のタルトっていうのにしました。

トマトとモッツァレラとなんとかって書いてあったような気が。
e0206490_17593349.jpg

あと、こちらの地方の有名な唐辛子が使われているのかと
思いきや、全然辛くなかったので気付かなかったです。

中はホウレンソウがたっぷりでした!
e0206490_17595595.jpg

結構おおきかったのですが、脂っこくなかったので全部
食べちゃいました。。

そして、バスク地方の銘菓「ガトーバスク」も買いました。
e0206490_1802722.jpg

人生初のガトーバスクのお味は・・・

想像以上に、ざくざくかりかりしていた!!
私はもっとどっしり、ねっちり系だと思っていたのですが。。
これはお店によるのかもしれません。

こちらのミールモンでは、クリーム入りのものを買ったのですが
(他にはジャム入りのものがあるらしい。。)
e0206490_181438.jpg

ちょっとお酒の味がして、そこは苦手でした。。
でも外側の生地の味はおいしかったです~

時間とおなかに余裕があれば、ほかのお店のも食べてみようと思います。。
by ma_journee | 2012-04-30 18:02 |  *フランス
パリと同じく、ビアリッツも雨が降ったりやんだりのいまいちな天気・・・
とりあえず、ホテルでもらった地図を頼りに

まずは、観光案内所に向かいましたが、
e0206490_1734447.jpg

あまりにも宮殿ぽくて、存在に気付かなかったワ・・・
(しかもピンク・・笑)

そして・・・その頃は小雨が降っていたものの明るかったので
気付かなかったのですが、17:00を超えていたので閉まってました~

その後、翌日のサンジャンドリュズ行きのバス停の場所を確認し
海のほうに散歩に行ってきました。

ビアリッツの海はサーフィンのメッカということで・・・
e0206490_1739922.jpg

いい波がきてました~(波の良し悪しは正直わかりませんが・・・)
ゴーーとすごい音がしていました。
e0206490_17393439.jpg

海の色は・・・コートダジュールのほうがきれいかな;
気候が悪かったからか、なんかくすんでました。

海にはサーファーたちが点々とみえました。
サーフィンの学校なんかもありました。
e0206490_17403784.jpg

海沿いにどんどんと歩いて行きます。
ここの海は、やたらと島のような岩が目立ちます。
e0206490_174177.jpg


ひたすら海沿いを歩いて・・・
e0206490_17431064.jpg

聖母の像がある有名な島が見えるところまでたどりつきました。
なんか工事してるワ・・・聖母が遠すぎてあまり見えない;
e0206490_17433572.jpg

このあたりは足元も悪いです(↓こんな感じ)。
e0206490_17422314.jpg

階段もあるので、歩きやすい靴をおすすめします。


町中に戻り、、適当にそぞろ歩きしました。日曜だったのですが
バカンス地ということで、あいてるお店/閉まってるお店は半々ぐらいでした。
特に買い物はせず、ウィンドウショッピングをして楽しみました。

多いのは、チョコレート、バスクリネン、あとは靴のお店です。
建物にはバスク色を感じるところもあります。
(雨だったので写真は撮れていません)

ビアリッツの町は、こじんまりと整ったきれいなところだと思います。
うそみたいな宮殿のような建物もいっぱいたってます~
e0206490_17472565.jpg

こういうところはやはり、同じバカンス地のニースと似てるかな。。
e0206490_17464357.jpg

by ma_journee | 2012-04-30 17:51 |  *フランス
バスを降りて、ホテルへは3分ほどで到着しました。
こちらのホテル(ココ)もとてもスタイリッシュで気に入りました!
そしてやはり同じ値段でもパリの1.5倍の広さがあります。。

おしゃれなレセプション♪

e0206490_17281382.jpg

私はクラシカルなヨーロピアンスタイル・・とか苦手なので
最近はもっぱらこういったモダンデザイン系になります。
シンプルだけど機能的で清潔感があるところがいいです。

しかしこの洗面台はちょっと使いにくかったかな;
洗面台がものすごく広いんだけど、ものすごい薄い・・・。
蛇口からの距離が数センチ。
e0206490_1729610.jpg

手のひらを縦に合わせて洗うことができないので
横にしてすべりこませる感じ。。

ちなみにお部屋のほうもとてもスタイリッシュで気持ちよかったです。
洗面台&バス・トイレは、別部屋です!

あと、リネンがすごくいい香りで気に入ったのですが
アメニティから推測するに、多分、フラゴナールだと思うので、

帰りに探してみようと思っています☆

受付のかたは、地図をくれたり、サンパなレストランを紹介してくれたり
親切にしてくれました。

ただ、多分、ココ(ビアリッツ全体)は旅行客に対して
英語を使うと習慣がないのか、どこにいっても、普通に
フランス語でまくしたてられます。

さらに、翌日は受付で、バスについて質問したのですが
スペイン語でまくしたてられました(ように聞こえた)

でもゆっくりと、フランス語で説明しなおしてくれました;

言葉はともかく、親切なので聞いたら根気よく教えてくれると思います~
by ma_journee | 2012-04-30 17:30 |  *フランス
ビアリッツ駅から市内へのバス移動について、書いておきたいと思います。
なぜなら、私が旅行の準備でココの情報がなくていちばん困ったからです。。

私は、最終的には、自分が泊まるホテル(ビアリッツ中心部)に
バスの番号と降車駅と駅からの何番目か、時刻表、
タクシーならいくらぐらいかかるか?を問い合わせしました。

そもそも、ビアリッツは(前述のように、T.G.V.だとパリから5時間以上
かかるので)普通は、飛行機で乗り入れるのが一般的と思われます。

また、SNCFビアリッツ駅は、市内に遠い(ので不便)というようなことも
一部の旅行記で書かれていました。

実際、近くはないのですが、それほど遠くもないなぁと思ったので
ご紹介します。

まずビアリッツの駅をでると道路の向こう側にバス停があります。
見た限り、そこしかバス停はなかったので迷うことはないと思います。
e0206490_17183279.jpg

乗るバスは、「A1」です。結構たくさんのひとが待ってました。
なかにはサーフボードをかついだ方も。。

なお、一般のかたも足として普通に使っているので、
そこまで観光客向けではないと感じました。
(たとえば、モンサンミッシェル行のバスのように、それに乗りさえすれば
安心というような感じではない)


バス停には時刻表と路線図が張ってあります。
ホテルからは30分に1本と返事をもらっており、
実際平日は結構な頻度でとおってるようでしたが、

本日は日曜日ということで1時間に1本でした・・・
T.G.Vが遅れてちょうど良かったけども・・・危ないところでした。

◆ネット上でどれだけ検索しても、いきつけなかった
ビアリッツ駅発市内へのバスの路線図と時刻表。

バス会社がわかったので、コレで検索したら最新情報がみられるかも。。

e0206490_5565417.jpg


e0206490_5572058.jpg


-----------------------------------------------------------------
☆2012/5/1追記☆

ネットで検索しました。時刻表&路線図はココ()からダウンロードできます。

リンクが変わってる場合は・・・

①バス会社(chronoplus)のサイトに行く
http://www.chronoplus.eu/

②「Horaires de bus」と書かれているところを探す(バスの時刻表)

③「Recherche d'une ligne par son numéro」に
  路線名「A1」を入力し、「Rechercher(検索)」ボタンを押す

④「Téléchargement(ダウンロード)」を探す
  (PDFリンクが張ってあるはず)
-----------------------------------------------------------------

◆値段

地元のかたは、すでにパスカードを持っていましたが
観光客は運転手から直接買っていました。

私が降りたのは9番目の「JARDIN PUBLIC」という駅ですが
1€でした。カードをくれるので、それを刻印機に通します。
e0206490_1841635.jpg


◆降車

駅をでてから2、3個はバス停の名前を目で追えましたが
しばらく誰も降りない駅が続くと・・どこかわからなくなりました。

バスの速度は結構速いので、あっというまに何個も過ぎていきました。
ちなみに、バス内に社内表示もアナウンスもありません~

私はたまたま隣に座ってた人が、自分の降りたい駅の3つ前で降りたこと、
また私と同じバス停で降りるはずの別のおば様が、
フライングで1つ前でストップボタンを押してしまったことで
(当然バスは停車)
バス停を確認する余裕がうまれて、助かりました=3

おば様は「あ、しまった!間違えちゃった!」
みたいな感じで肩をすくめてて、バスが停車してもしらんぷりしてたが、
私としては、ああやっぱりこういうこともあるのね、と安心した笑


いつもは、運転手さんに「着いたら教えてください」と頼んでいますが、
今回は、市内に行く観光客は何人かはいるはず!と思いこんでたので
頼みませんでした。人も多かったのではばかられたのもあり・・・

ただ、結局降りたのは「間違えちゃった!」のおば様と私だけだったので、
こんなにもドキドキするなら言えばよかったかなぁーと後で思いました。
(多分、その先どこで降りてもリカバリーはできる範囲なのでしょうが。。)


◆所要時間

15分ぐらいでした。

◆バスのお姿

e0206490_558533.jpg


◆タクシー

今日は結構雨が降ってることもあり、タクシーに乗る人も多かったです。

タクシー乗り場は、SNCF駅とバス停のちょうど真ん中にあり、
こちらも絶対迷うことはないです。

タクシーは最初は結構ずらりと止まってましたが、電車がつくとすぐなくなりました。
が、しばらくしたら、また戻ってくる、みたいな感じでした。

見た感じ、ドライバーさんも安心できる感じだったので、
私もバスの時間が合わなければ迷わずタクシーにしたと思います。
ちなみに、ホテルからは、約15€と聞きました。

今後、ビアリッツに行く方の参考になればうれしいです。
・・と調子に乗って書いていたら、ビアリッツ観光の記事を書く時間が
なくなっていまいましたので、明日へ持ち越します。。(早くも計画が・・・)

by ma_journee | 2012-04-30 06:02 |  *フランス
e0206490_454653.jpg

10:25 ビアリッツ行きのT.G.Vがモンパルナス駅を出発しました。
モンパルナス駅に群れていた人たちがほとんど集まってきたんじゃないか??
と思うぐらい、大混雑でした=3
(その後、結構な人がバイヨンヌのひとつ手前"Daux"ってとこで
降りていきました。聞いたことないけど・・・何かあるんだろうか??)


5時間もの長旅なのですが、特にやることもないので、
ひたすら、ボーーーっとしてました。

日々、そういう時間がないので旅行の時ぐらいいいかなと思い・・

途中、お昼ごはんとして、パリで買ったお菓子を食べました♪

朝、出発時間が早かったのでお菓子はほぼあきらめてたのですが
パリに来たのにひとつもお菓子を食べないなんて・・と煮え切らない思いが。

そこで、自分のお菓子やさんデータベース(!)で、朝8時でも空いてるお店を
(必死に)検索したところ、思いついたのが「ジェラールミュロ」!
ちなみに、ストレーも朝早くから空いてるけど
立地的なことであきらめた。。


前回も朝いちに買いに走ったので覚えてました。。その時は、お菓子類は
まだ並んでなかったけど、今日はふんだんにそろってました~
ついでにミュロ氏もいらっしゃいました~♪
e0206490_5163195.jpg

迷いに迷ったあげく、よりにもよって、いちばん食べにくい
ミルフィーユを選んでしまった; 案の定、食べてたらぐちゃぐちゃに
なったけど、おいしいからまぁいいか。。

もう一つは、たしか「クレームブリュレ」と書いてあったように思い、、
普通のものと形状が違うので気になって買ってみたけど。
e0206490_5165570.jpg

クレームブリュレの味と違うかったので、多分私が商品のふだを
見間違えてたっぽい。。キャラメリゼされてるようには思ったけど。
ヨーグルトっぽいような、柑橘系のような、酸味のような、、味のする
クリームでした。おいしいけど、甘かったー!!



T.G.Vは、あれ??今日はえらい順調でおかしいな?!と
思っていたら、、案の定、バイヨンヌの駅の手前で止まっちゃった・・・
理由は不明。というか何かアナウンスはあったけど、聞き取れず。
でもdesoleeとか、そういった謝罪のたぐいの単語は聞こえなかったような。

多分、駅の手前で30分ほど停車してたと思います。
よって予定の30分おしの16:15にビアリッツ駅に到着しましたー。



今回も、T.G.Vチケットは、事前にSNCFのサイトから
オンライン予約していきました。
e0206490_5215896.jpg

発売開始日を狙ったので「パリ→ビアリッツ」の片道を、29€という格安で
GETすることができました!(Prem's←キャンセル不可)
ちなみに平日なら、最低19€で買うことができます。
5時間も乗るのに驚きのこの値段。。でも、1時間そこそこの距離が
100何€したりします(私の帰りの切符がそうです) 。
よく「複雑」とはいわれますが、やっぱりフランスの切符の仕組みは謎です。
by ma_journee | 2012-04-30 05:23 |  *フランス
今日は、パリ→ビアリッツへ移動しました==33

まず、ビアリッツへのTGV発着駅であるモンパルナス駅の近くで
朝ごはんを食べることにしました。

モンパルナス界隈の名物老舗カフェのひとつ「Le DOME」。
e0206490_4472643.jpg

なかなか雰囲気があります。
(でもちょっと魚くさい。。こちら、おさかな料理でとても有名なお店)

日曜だからかとてもすいていました。。
時間もなかったので、お手軽な朝食セットを頼みました。

フレッシュジュース、タルティーヌ(バゲットにバター/コンフィチュール)、
ミニヴィエノワズリー(クロワッサン、パンオショコラ、パンオレザン)&カフェオレ

e0206490_4475513.jpg

これだけで10€です。パリは何かと高いので
結構お得なのかもしれません。

でもいつも思うのは飲み物は二種類いらない~=3
(なんで外国ってこうなんだろうか??)

そして、ショックだったのは・・・
e0206490_4481883.jpg

タルティーヌに勝手にバターが塗りつけられてきたこと(涙)
私、パンにバターは絶対無理なのに・・・

スプーンでできる限りほじくって、いちごのコンフィチュールを
塗りたくって食べました。。

今日は大雨だったので、温かいカフェオレを飲んでほっとしました。
やっぱりパリのクロワッサンはなんともいえず、おいしいです☆
e0206490_4503534.jpg


ちなみに、、ここの朝ごはんがとても有名。おいしい。。

と聞いていたので、だいぶ期待していったのですが
まぁまぁふつうかな。。他と何が違うのかがわかりませんでした。

パリはそこらへんのホテルの朝食のパンでも十分おいしいので
特に感動を覚えなかったというだけかもしれません。

窓からの眺めや、ゆったりとした雰囲気はとてもいいので
(ただし魚臭い・・笑)そういうのを楽しむにはいいと思います~
by ma_journee | 2012-04-30 04:50 |  *フランス
パリに到着しましたー♪今日から、5泊7日のフランス旅行です。
今回も懲りずに一人旅です。

今回は、最近買ったばかりのお気に入りウルトラブックを連れてきたので
リアルな日記を書きたいと思います。(多分、、今のところは、、)


今朝は、9:30ごろ 関空を出発し、
ソウル経由で19:00すぎにパリCDGに到着しました。

空港からAir Franceのligne4:モンパルナス行に乗り、モンパルナス駅へ。
そこからはタクシーに乗り、サンジェルマンデプレのホテルに向かいました。


※ほんとは、Metro&徒歩で行く予定にしていましたが
 思っていたより時間が遅くなってしまったので・・・

 直前まではRERのB線を使う予定でしたが、いろんな体験談をよみ
 怖くなったので、ほんとの直前になってMetro案に変えました。
 結局、時間の都合でMetroもやめたので、いろいろ選択肢を用意しておかないと
 いけないなぁと思いました。。今回はTaxi乗り場がすぐわかったのでよかったですが。。


タクシーは8ユーロほどでした。運転手さんもよい人だったし
パリのタクシーも乗れて安心しました。(実ははじめてでした・・)

ホテルはすごくいい感じです。(←かなりざっくり;)
ここです→

受付も親切で、ココにしてよかった=と早くも思いました。
サンジェルマンデプレにとまるのも実ははじめてです。
(空港からのアクセスを考えて避けてきた・・でもお菓子屋さんめぐりには
もってこいのエリア♪)

パリは何回来たかもはやよくわかりませんが、まだまだ
はじめてなことだらけです。

明日からはバスク地方へのプチ旅行に出かけるので、その荷造りをします。
今日は以上です。

フランスの写真はないので、仕方ないので
コレを載せておきます。

◆愛用のペラちゃん
(あまりにもペラペラなので~パラちゃんマスコットの
東芝dynabookです)
e0206490_5424589.jpg

ウルトラブックはとても薄くて動作も快適です。


◆大韓航空で食べたビビンバ(わかめスープ付き)

いつも、旅行で機体と機内食の写真もとらないって決めてますが、
今回ばかりはつい撮ってしまいました。。

e0206490_539465.jpg

好評だったのでずっと気になってたのですが、
なるほどなかなかおいしかったです。

なんだかとっても葉っぱ葉っぱしてましたが・・
自分で混ぜる&味の調節ができるのは嬉しいです。

ちなみに、今回パリに行くのに乗継便を初めて使いました。
大韓航空は、(air franceに比べ・・)サービス、機内食、清潔感
すべてにおいて◎でした!ただ時間が・・・

そんなに変わらないと思ってたけど、今日はホテルに着いたのが
22時になってしまったので、出かけるのはあきらめました。
ホテルの近くでチェックしておいたカフェに
ほんとは飲み物を飲みたかったんけど・・・

明日からに備えてしっかり休息しようと思います。
by ma_journee | 2012-04-29 05:44 |  *フランス

長く続いた旅行記も、食べ物の記事でしめくくりです。

毎朝いただいたのはプロヴァンスのトマトに
ハーブと塩、オリーブオイルをかけたもの。

数種類のトマトはそれぞれ若干、味や
歯ごたえが異なります。彩りもきれいです♪
e0206490_0161829.jpg


やってみたかったムイエット。
補足したパンを半熟卵につけて♪

毎朝パウンドケーキもしっかりいただきましたv

e0206490_028573.jpg

最終日は、旦那様が自家製トマトソースを使って
美味しいリゾットをつくってくださいました。

前日にリゾットの作り方を教えてもらっていて
興味をもったのを覚えていてくださったようです。

最終日のテーブルには、、
e0206490_0345996.jpg


「今日はご出発なので鳥さんに出てきてもらいました」と奥様。。
泣ける~(;_:)帰りたくない~と思ってたけど

・・・まさか本当に帰ってくることになるとは(笑)

e0206490_0412266.jpg


今回、大満喫の南仏旅行でしたが、
まだまだ訪れたい街がたくさんあります。

違う季節でもいいし、
またのんびり~の旅もいいかもしれません。

買ってきた食材を味わいながら、思い出を振り返って
次の旅行の構想でもねろうかなと思います。

by ma_journee | 2011-10-02 20:00 |  *フランス

【南仏】観光⑩Marseille

日本の台風で飛行機がなくなったので
滞在先のご夫婦のご厚意で、マルセイユ空港から
そのまま市内の観光に連れていっていただきました。
e0206490_23374287.jpg

海岸沿いを車で走りながら、港町の景色を楽しみました。

びっくりするほど細くて急な坂道を通って
ノートルダム大聖堂へ。
e0206490_2338082.jpg

海の女神が奉られているこちらの大聖堂は
普通の教会と全く雰囲気が異なります。

嵐の航海の様子を描いた絵画が壁を覆いつくしていたり
無事生還した際に、
お礼の意味を込めて納められたものだそう。


天井から船のモービルが吊るされていたり。。
そして、教会内だというのに魚のスープの
美味しそうな香りが漂ってるんです(笑)

ご夫妻がチェックされていたレストランで
ランチもご一緒させていただきました。
e0206490_23384373.jpg

憧れのズッキーニの花を初めて食べることができました。
お魚料理もとても美味しかったです♪
e0206490_23391837.jpg

近くのカフェで休憩しました。
このムース・オ・ショコラは、すごく濃厚で好きな味~
最後の1点ということで、よりいっそう美味しく感じましたvv
e0206490_23394160.jpg


そのあとは、海の近くまでいって
砂浜を歩いたり、海に足だけ浸かってみたり。。
e0206490_23412226.jpg

飛行機のトラブルに見舞われましたが、訪れたかったけど
旅行の日数の都合上、旅程に組み込めなかったマルセイユにも
こうして来れて、素敵な一日を送ることができ
今は幸せに思っています。

長々と続いた、旅行記も次回最終回です。。

by ma_journee | 2011-10-01 21:00 |  *フランス

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪G-DRAGON❤︎


by kana