人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

秋のおもち

お土産の仙太郎の「ぼたもち」
栗がついているので、季節限定もちと思われます。これは初めて食べました!

かのこ模様がちょっと間抜けでかわいい
e0206490_23402135.jpg

e0206490_23403710.jpg


お気に入りの「いもからみもち」再び。
このおもちは、もちもちでもなくふわふわでもなく・・・
しっかりとした噛みごたえが良いと思います。
e0206490_23405715.jpg

e0206490_2341147.jpg

シュークリームのお土産もあったのに、
当日のほうが絶対美味しいので食べてしまいました!




by ma_journee | 2010-10-31 13:55 |  *おもち

ハロウィンシュー

家に帰るとBEARD PAPA'Sの「ハロウィンBセット」のお土産がありました。

期間限定パンプキンシューとパリブレストと、シュークリームのセットだったそう。
シュークリーム以外の二つは今回初めて食べます。

とろけだすクリーム❤
e0206490_23114022.jpg

かぼちゃクリームがとろとろで美味しかったです。

北海道産えびすかぼちゃを使っているそうです。
かぼちゃの味がしっかりして、甘すぎません。

e0206490_23285342.jpg

パリブレストのほうは、シュー生地がしっかりしているので
よりクリームのやわらかさを感じることができました。



ハロウィンは文化的にはあまり関わりのない行事ですが
キャラクター的にかわいいので毎年何気にわくわくしています。
去年のちょうど今頃は、ディズニーランドでハロウィングッズを買い求めて楽しんでいました。

今年はフランス語の教室でfete「ハロウィンパーティー」に参加するのを
楽しみにしていたのですが、ちょうど旅行と重なってしまい…来年に期待!><

明日から、3泊4日「ソウル食べ食べツアー」に行ってきます♪

by ma_journee | 2010-10-30 01:43 |  *洋菓子
先月、憧れの「ESPACE KINZO」デビューを果たしました。
「PATISSERIE AU GRENIER D'OR」の西原金蔵シェフ直々に教えていただけるお菓子教室です。

10月のテーマ:Pâte à choux(パータ・シュー)
シュー生地を使った2種類のお菓子を教わりました。


e0206490_18255670.jpg≪Pont Neuf≫
「ポンヌフ」は昔は定番のお菓子だったそうですが、今ではフランスでもあまり見かけなくなったとのこと。これまで教室のメニューで取り上げたことが無く、また、古いお菓子も大切にしたいというシェフの思いもあり、今回はトラディショナルな形のものを教えていただきました。
シェフは「びっくりするような美味しさがあるわけではない」とおっしゃっていましたが、私は素朴な見た目から想像できなかった、パイ生地と中のクリーム&コンフィチュールの織り成す複雑な味わいが気に入りました。



e0206490_18281596.jpg≪Saint- honore≫
こちらは旬の紅玉を使った、「サントノレ」の応用形です。パータシュー生地の土台にキャラメリゼしたリンゴをごろごろと敷き詰め、ふわふわのシブーストクリームの表面は軽くキャラメリゼされています。
プチシューにもクレームパティシエールが詰まっていて、手間はかかりますが一つで何度も美味しいケーキです。





◆初めてレッスンに参加して

はじめてデモ形式というのを体験しましたが、想像以上に充実したレッスンでした。
必死でメモを取ってあっという間の4時間。
噂どおり説明はすごく丁寧なのですが、ただ詳しい(細かい)というだけでなく、
「これだけは守らないといけない」というポイント箇所をしっかり強調してくださるところが良かったです。

必要に応じて作業中のボールや生地を回してくださるし、自分で作るのを見てもらうのも良いけど、
シェフの動きやつくられたものをじっくりと間近でみてそこから学ぶことも大切だと思いました。

フランス修行時代の思い出話、アランシャペル氏から学んだことのお話も興味深く、
お菓子づくりのテクニック以外のことも伝えようとしてくだっているのを感じました。

美しいディスプレイもまた楽しみの一つです。
どこを切り取っても絵になる美しさ・・・
e0206490_211446.jpg


レッスン後、シェフ自ら新装オープンしたサロンの2階にある”趣味の間”を案内してくださいました。
さらには、シェフお気に入りのオーディオシステムで、クラシックとジャズを3曲ほど鑑賞したので(笑)
(どうしても聞いてほしそうだったシェフ。かなりの音楽好きだそうです!)
朝11時に来て、帰る頃にはもうすっかり夕方になっていましたが、
シェフの意外な1面まで垣間見れた充実した一日になりました。


私はここのレッスンはプロ向けだと思っていました。
自分にはレベルが高すぎるので将来的に…と考えていたのですが、
先日こちらのケーキを食べていて、ふと「参加してみよう」と思いたったのです。

将来~といっても、この先何が起こるかわからないし、行く機会を逃してしまうと悲しいので・・
興味を持った今、行動しようと決めました。

行ってみて思ったのは、変な遠慮は持つ必要がなかったということ。
基本の生地の作り方から、なんなら麺棒の持ち方から教えてくださったぐらいです。

しかし、お菓子作りにおいて重要なところは、結局そういう基本的で何気ないところに
あるのかもしれません。(もちろんそれ以外に私の理解の域を超えた話もありましたが・・・)

プロの技とかお菓子づくりにおける解釈とか理論など・・他の方には「勉強になる」ことも
私には正直「面白かった」「美味しかった」で終わるかもしれませんが
周りは気にせず、自分なりの興味で楽しめればいいなと思います。

試食タイムは至福のひと時♪
e0206490_215027.jpg


by ma_journee | 2010-10-29 00:21 |  *お菓子教室

newお皿&カップ

FAUCHONの新しいお皿で朝ごはん♪

早速ブリアンのパン達をのせてみました
e0206490_19433223.jpg


ちょっとお子様ランチっぽいのですが
手書き風のお菓子柄がたくさんついていてかわいいのです♡




そして、こちら ↓ 姉様の作品。会社のイベントで作ってきたそうな。

何これ、湯呑み?おちゃわん??
e0206490_22495529.jpg


正解は「カフェオレボール」でした~

ふーん。えらいおしゃれなものつくったのねぇ。

朝、これで一緒にカフェオレ飲もうさ~と誘われたのですが
熱いもの入れたら割れるんじゃないの?と、自分の身にふりかかる危険が心配だったため
とりあえずひとりで試してもらったところ、どうやら大丈夫だったようです。

しばらく様子をみて使わせていただきたいと思います!


ろくろをうまく使いこなしたと自画自賛の作品

e0206490_22541864.jpg

by ma_journee | 2010-10-28 22:45 |  *日々のできごと
今まで食べた中で一番かも!と思わせるシフォンケーキに出会いました。
北海道展で買ってきてもらった「永光農園」のシフォンケーキ☆

こだわりのタマゴ使用
e0206490_19142476.jpg


道外初出店ということで期待していた”たまご屋さんが作るシフォンケーキ”です。

軽くてふわふわなシフォンケーキは今までにいくつも食べたことがあるけど
ふわふわすぎて味気がなかったり、軽さを重視しすぎてちょっと生地がパサっとしているものもありました。

でも、こちらのシフォンケーキは、ただふわふわなのではなくとってもきめ細やか♪
しっとりなめらかな生地が美味しくて、やはり良いたまごが決め手なのかなーと感心しました。

e0206490_19152470.jpg


プレーン、牛さん模様(つまりチョコマーブル)、アールグレイの3種類を食べましたが
私的1位は、やはり「プレーン」!バニラがすごく効いてます♡
次回はぜひホール買いを目指したいと思います。

e0206490_21554993.jpg


因みに、こちらの農園は「たまご専門」なのかと思っていたら
お蕎麦が食べられるカフェがあるそうです。
お蕎麦とシフォンケーキ・・・不思議な組み合わせですが。。
(お蕎麦と一緒に食べられる)厚焼きたまごは確かに気になります。

かわいいけど・・・どうしても別のものに見えて仕方がないシフォンケーキの絵

e0206490_22462037.jpg

by ma_journee | 2010-10-27 22:47 |  *洋菓子

散歩

お菓子教室が京都御所のそばなので、パワーを集めるため少し寄り道してみました。
(御所もパワースポットと勝手に解釈)

e0206490_1882496.jpg


朝の御所は人も少なく、静かですがすがしかったです。
もやもやしたことが吹き飛ぶようたくさん深呼吸してきました。

e0206490_18155178.jpg


どことなくわびしい秋の風情を感じてみたり…紅葉の季節は綺麗そうです。

e0206490_1871067.jpg

by ma_journee | 2010-10-26 20:00 |  *日々のできごと

Apfelstrudel

お菓子教室で『Apfelstrudel:アプフェルシュトゥルーデルを習いました。

ドイツ語で、アプフェル=りんご、シュトゥルーデルは渦巻きの意味。
ウィーンの伝統的なお菓子だそうです。
いつもはフランス菓子中心なので、ドイツ系のお菓子は新鮮です。

生地はパリパリさくさくとした食感でまるで春巻きの皮のようで、
フィリングはたっぷりの生リンゴをそのまま巻き込んでいてとてもジューシー!
何よりヘルシーさが気に入りました。バターたっぷりのりんごのパイより好きかも。

作り方も面白いのですが(こんな感じ⇒
場所もとるし難しいので、きっと家では…

e0206490_1719488.jpg


教室で見せてもらった本には、ウィーンのいろんなお店のApfelstrudelが紹介されていました。
ド甘いだけ?のザッハトルテより興味がある~食べ比べしてみたい!


ウィーンは高校生の頃に、オーケストラ部の演奏旅行で訪れた思い出の地。
印象に残っているのは…冬だったのでとにかく寒かったこと。

修道院が凍えるほど寒かったこと、でもそこで飲んだリンゴジュースが美味しかったこと。
音楽家のお墓が、黄色にびっくりしたシェーンブルーン宮殿。ウィーンの少年たちとの交流…
町もこぎれいで可愛かった記憶。馬車が走ってたり♪

そういえば一番の忘れられない思い出は、極寒の中、制服のミニスカートでピラピラ歩いてたら
行く先々で人々に「クレイジー!」と、はやされたこと…
旅先であんなにたくさんの人にクレイジーよばわりされたことは、後にも先にもない;

結構しつこかったので、”うるさ~い!制服なんだからしょうがないやん!!”と、ウィーン人相手に何度か毒づいた記憶。(当然日本語で。どうせ通じないからいいかなと思って…)どうも生足で歩いていること自体が"クレイジー"だった模様。

・・・

そんな思い出しかないウィーンですが(若すぎて魅力を味わいきれなかったのも事実)
クラシック音楽好きなので、今後また行くこともあるはず。いや、ぜひ行きたいです!
特にクリスマスの季節に。そして音楽とお菓子、両方の面で旅行を楽しめればと思います。
(ただ、食べ物はあまり合わないけど…)

東欧各国のクリスマス市に行きたい!


e0206490_17473845.jpg
e0206490_1755333.jpg

e0206490_1755538.jpg
e0206490_17574021.jpg

by ma_journee | 2010-10-25 18:04 |  *お菓子教室

馬蹄型クロワッサン

さらに今日は母からも北海道展のお土産が♪

以前、テレビの特番で目にしてから絶対食べてみたかったパン。
確か、品質が保てないので道外(催事)への出店は断ってきたそうなのですが
販売網が整い、大丸のバイヤーさんも粘って出店にこぎつけたという。

個数限定なので入手は難しいと思っていたのですが
毎日、チラシを見ながら欲しい欲しいと刷り込んだ甲斐がありました(笑)

苫小牧 ノーザンホースパーク パン工房"The Factory"の”馬蹄型アーモンドクロワッサン”

e0206490_20345573.jpg


1個18cmもあります!

早速食べてみました。中にはアーモンドクリームが入っています。

e0206490_20514496.jpg


とてもフレッシュな味がして美味しい!
しっかりかみごたえがある食感と適度な甘みが良いです。

もう1点、欲しいものリストに入れていた「シフォンケーキ」も待機~

e0206490_2113871.jpg



by ma_journee | 2010-10-23 20:52 |  *パン屋さん

北海道展

e0206490_2023178.jpg今週から大丸京都店ではじまった「大北海道市」
毎日チラシを見て、週末どのスイーツを買いにいくか
楽しみにしてところ、思いがけず姉様からお土産が♪

前回の北海道展でお気にいりとなった「ふらの牛乳プリン」と、
私も買いたいリストに入れていた「とろける生シュークリーム」

とろける~は全部で6種類の味がありました。
まず最初に食べたのは、「道産りんご」。
自家製っぽいりんごのジャムがはいっていました☆(写真失敗…)

次の日に「えびすかぼちゃ」を食べました。
生クリームとかぼちゃもよい組み合わせです。
北海道の生クリームはミルクのようで軽くて美味しかったです。
今度は本場で食べたいものです。
by ma_journee | 2010-10-23 20:10 |  *洋菓子

パリの思い出


パリでは、元貴族の館という雰囲気のあるアパルトマンにて料理実習。

かなりの高齢なのに可愛らしさに溢れたママン&そのお嫁さん(=日本人)に
フランス伝統の料理(ポトフやガトーショコラ等)を教えていただきました。

ノエル仕様のテーブルコーディネートが素敵だったけど、写真が1枚も無い…(まさかの充電切れ)


また、現地コーディネータ"ソノさん"(=日本人)の娘さん、Cecileとは同年代で
一緒に市内を観光したり、最終日には親子お気に入りのビストロで最後の晩餐をしました。

なんと!びっくりなことに、私この間の9月の旅行中
パリの地下鉄内で、その"ソノさん"をお見かけしました。なんという偶然!!

が、降りる直前で時間がなかったので(それに確信と勇気も)話しかけずじまいでした・・・


そして、在仏パン職人yoshimiさんとのパン屋さん、お菓子屋さん巡り。

じもてぃならではのオススメお店を教えていただきました。

衝撃的だったジュリアン(アンバリッドのブランジュリー)のnoel飾りつけ↓(白いの)
シロクマが張り付いています。

e0206490_055162.jpg


また、yoshimiさんのブランジュリーでは少し体験をさせてもらいました。
パンオショコラの成形やバゲットのクープ入れなど。

パリの皆様には申し訳ないことに、この時我々がちょいちょいと並べたアプリコットのタルト
店頭に並べられたという…

e0206490_0541484.jpg



yoshimiさんは最近日本でも教室を開かれて活躍されているようでびっくりしました。
フランス人の旦那様(かっこよかった。小顔で)も来ているみたいだけど、
拠点を日本に移されたわけではないようです。

パリのお店も支店が増えていて、すごいなぁと思いました。

この旅行で、すごくエネルギッシュなyoshimiさん&各お店で夢を追って頑張る日本人研修生と出会ったことは、自分にとって意味のある経験でした。

中には「何かが変わるかと思ってとりあえず来た」という人もいましたが…
この頃、私自信は毎日面白くない生活を送っていたこともあり
当時はその思い切りの良さというか身軽さすら羨ましいと思いました。

そんなこんなで、直接何か形となって今の自分に繋がっているわけではなものの
いろんな体験ができて、影響を受けた旅行ではありました。

e0206490_0524298.jpg



by ma_journee | 2010-10-21 01:17 |  *フランス

お菓子♪旅行♪BIGBANG♪G-DRAGON❤︎


by kana